本文へ移動

惜しい!大谷翔平、8回センター後方へ大飛球もあと一伸びなく…4の0で終了

2021年9月21日 14時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷翔平(AP)

エンゼルス・大谷翔平(AP)

◇20日(日本時間21日)MLB エンゼルス0―10アストロズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は「3番・指名打者」で出場。8回、センター後方へ大飛球を放ったがスタンドには数メートル届かず凡退。4打数ノーヒットに終わった。1回は一塁ゴロ、4回は大谷シフトに阻まれる遊ゴロ。6回は空振り三振だった。
 前日は指名打者制を解除し、リアル二刀流の投手として出場。8イニングを2失点、10奪三振と好投したが10勝目を逃した。その疲れも見せずに出場したが結果は出せなかった。試合も大敗した。
 大谷はここまで44本塁打で3位。この日はペレス(ロイヤルズ)がインディアンスとのダブルヘッダー第1試合で46号を放って、ゲレロ(ブルージェイズ)に並んだ。トップとの2本差は変わっていない。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ