本文へ移動

<華 宝塚> 山吹ひばり(宙組)

2021年9月21日 16時00分 (9月28日 10時07分更新)
 宙組公演「シャーロック・ホームズ−The Game Is Afoot!−」の新人公演(二日)で、初ヒロインを務めた。
 演じたのは「華やかで、芯が強く、美しく、魅力いっぱい」と語るアイリーン・アドラー。優れた洞察力、変装術などで難解な事件を解決していく名探偵ホームズの心を揺り動かす謎の女性だ。本役の潤花(じゅんはな)からの「自分の中にアイリーンを持って」とのアドバイスを胸に、「舞台上でアイリーンとして全うできるよう」臨んだ。
 銀橋(通路状になった舞台最前部)を、一人歌いながら歩く場面は見せ場の一つ。入団三年目とは思えないほど堂々とした歌いっぷりと演技で客席を魅了した。本公演(二十六日まで、東京宝塚劇場)では別役で出演している。
 子どもの頃から児童劇団で芝居や歌に親しみ、中学生の時に宝塚を初めて観劇して「夢みたい。この世界で生きられたら」と進路を決めた。舞台は「人生に彩りや幸せを与えてくれる」もので、「お客さまに幸せな気持ちになっていただけたら」と精進の日々を送る。
 父親が中日ドラゴンズファンで、「家族でよく観戦に行っていました」と明かす。地元愛知ではほかに「プラネタリウムや科学の不思議...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

エンタメの新着

記事一覧