本文へ移動

反射材光ってるかな? 井・イベント 

2021年9月21日 05時00分 (9月21日 09時40分更新)
おじいちゃん光ってるかな?暗がりで反射材の効果を確認する子ども=20日、福井市のヤスサキワイホーム新保店で(福田正美撮影)

おじいちゃん光ってるかな?暗がりで反射材の効果を確認する子ども=20日、福井市のヤスサキワイホーム新保店で(福田正美撮影)


 日没が早まる時期に合わせ、県は反射材の普及活動に取り組んでいる。10〜12月は高齢の歩行者が事故に遭いやすい傾向を踏まえ、担当者は「反射材を身近なものとして取り入れてほしい」と呼び掛けている。
 20日は福井市新保北1のヤスサキワイホーム新保店で、啓発イベントを開催。反射材をアピールするマネキン一家「交通安全家族」が20体集合したほか、暗室を使い、来店客に反射材を付けた服装の見えやすさを体験してもらった。転写プリントや反射材の製造販売を手掛ける丸仁(同市花堂中2)による反射材グッズの販売もあった。
 9月は県交通対策協議会主唱の「高齢者交通安全推進月間」で、9月21日を「反射材の日」に設定している。 (玉田能成)

関連キーワード

おすすめ情報