本文へ移動

今夏準々決勝で中京大中京相手に延長11回の接戦演じ自信に…愛知啓成4番・立岩「絶対に優勝したい」【秋季高校野球愛知県大会】

2021年9月21日 09時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回に先制の中前適時打を放った愛知啓成の立岩巧実外野手

1回に先制の中前適時打を放った愛知啓成の立岩巧実外野手

◇20日 秋季高校野球愛知県大会2回戦 愛知啓成7―0丹羽(熱田愛知時計120スタジアム)
 秋季高校野球愛知県大会は20日、1、2回戦11試合があり、今夏の愛知大会8強の愛知啓成は丹羽に7-0で8回コールド勝ちし、3回戦に進出した。
 愛知啓成は4番・立岩が先制打を含む2安打と活躍した。1回1死一、二塁で迎えた第1打席で先制の中前適時打。5回には2死一塁で左前打で好機を広げて直後の2得点につなげた。
 夏は準々決勝で中京大中京に延長11回サヨナラ負け。強豪相手に接戦を演じただけに、「自分自身も自信がついた。今大会は8強ではなく絶対に優勝したい」と力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ