本文へ移動

元中日岩瀬さん母校・西尾東の186cm右腕・パウエル海「私立の壁の厚さを感じました…」悔し涙【秋季高校野球】

2021年9月21日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5イニング5失点で涙をのんだ西尾東のパウエル海投手

5イニング5失点で涙をのんだ西尾東のパウエル海投手

◇20日 秋季高校野球愛知県大会2回戦 愛工大名電8―0西尾東(熱田愛知時計120スタジアム)
 元中日投手の岩瀬仁紀さんの出身校、西尾東の186センチ右腕・パウエル海投手(2年)は5イニング5失点で悔し涙を流した。初回は1死から2者連続三振を奪う最高の立ち上がり。最速130キロ台後半を誇る直球で愛工大名電打線を3回まで無失点に抑えるも、4回に先制点を許し、5回は4連打などで4失点。「私立の壁の厚さを感じました…」と声を落とした。
 父はジャマイカ人で、投手に転向したのは4月と伸びしろ十分。「スタミナ、制球、変化球のキレをつけたい」と雪辱を誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ