本文へ移動

21日12Rドリーム戦は上田龍星がインから押し切り狙う【徳山ボート・ヤングダービー】

2021年9月21日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エース機のパワーを実感している関浩哉

エース機のパワーを実感している関浩哉

 山口県・徳山ボートのプレミアムG1「第8回ヤングダービー」は21日、開幕する。勝率上位の6人で争う初日12Rのドリーム戦は、1号艇を手にした上田龍星が中心。インからSを踏み込んで押し切りを狙う。前検から好気配の上條暢嵩が逆転候補の1番手。6秒83で前検1番時計をマークしたのは高田ひかる。エース54号機を手にした関浩哉は6秒85で2位。中村晃朋、馬場剛、松井洪弥、吉川貴仁らの気配も良かった。
 3年前の浜名湖大会で優勝した関浩哉が、優出6回、優勝2回と実績上位のエース54号機を手中にし「伸びますね。力もありそうで、他の人とは違うなっていう感じ」と絶賛した。スリット後の勢いはもちろん、6秒85の前検タイムは女子の高田ひかるに次ぐ2番目で男子では最速。「楽しみありますよ。ペラもこのままで良さそうだし、何もすることはない」。2度目のVへ手応え十分だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ