本文へ移動

4度目の正直…野中一平が弾丸スタート武器に「結果を出したい」【徳山ボート・ヤングダービー】

2021年9月21日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
野中一平

野中一平

 山口県・徳山ボートのプレミアムG1「第8回ヤングダービー」は21日、開幕する。勝率上位の6人で争う初日12Rのドリーム戦は、1号艇を手にした上田龍星が中心。インからSを踏み込んで押し切りを狙う。前検から好気配の上條暢嵩が逆転候補の1番手。6秒83で前検1番時計をマークしたのは高田ひかる。エース54号機を手にした関浩哉は6秒85で2位。中村晃朋、馬場剛、松井洪弥、吉川貴仁らの気配も良かった。
     ◇
 今年こそ、成長した姿を全国のファンに見せつける。弾丸スタートを武器に4年連続出場となる野中一平(26)=愛知=が「ここ1、2年で自分なりに成長したと思っている。今回は結果を出したい」と語気を強めた。
 それもそのはず。過去3回のヤングダービーは3年前の浜名湖大会、昨年のびわこ大会と2度もフライングで散った。2年前の三国大会では節間1勝も挙げられずに予選落ち。晴れの大舞台も野中にとっては悔し涙しか記憶にない。
 3期連続でA1級をキープ。着実に力を蓄え、このヤングダービー選考期間で6・78の勝率をマークし、ドリーム戦6号艇にシードされた。スタート練習はスロー1本、そしてダッシュ2本。スリットからのぞくことはないが、伸びで極端にやられることもない。
 「豊田選手が伸びた。スリット付近は普通。レスポンス(反応)が鈍くて起こしが気になる」と2連対率33・3%の38号機に冷静な前検ジャッジ。それでも補えるだけの勢いが今、野中にはある。先月のとこなめ・お盆レースから前節の浜名湖・一般競走まで4連続優出中だ。「リズムはいい方。何より気負いがないし、地に足がついて落ち着いている。攻めるレースをしたい」
 舞台は3年ぶりに走る徳山。持ち前のスタート勘に磨きをかけ、まずはドリーム戦で大外から得意のダッシュ強攻で存在感を示す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ