本文へ移動

4年ぶりにさく裂した“一本背負い” 豊昇龍「自分でもあまりよく分からなかった」【大相撲秋場所】

2021年9月20日 18時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
豊昇龍(下)が一本背負いで若隆景を破る

豊昇龍(下)が一本背負いで若隆景を破る

◇20日 大相撲秋場所9日目(両国国技館)
 前頭筆頭・豊昇龍(22)=立浪=が一本背負いの大技で勝利した。若隆景に土俵際へと追い込まれたところ、相手の右手を取り網打ち。残られた上に逆に後ろへとつかれたが、すかさずその右手をつかんで思い切って投げた。
 2017年の初場所8日目に豪風が魁聖に決めて以来4年ぶりの珍しい決まり手。「自分でもあまりよく分からなかったけど、体の反応が良かったと思います。勝負が終わるまで諦めなければ大丈夫なので、これからも集中して最後まで頑張りたいと思います」と言い、へんとう炎からの復帰後の連勝を喜んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ