本文へ移動

【日本ハム】ああ本塁が遠い…ロッテに2戦連続ゼロ封負け 栗山監督「やってくれると信じていくだけ」

2021年9月20日 18時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・栗山監督

日本ハム・栗山監督

◇20日 日本ハム0―1ロッテ(札幌ドーム)
 本塁が遠い。0―1で迎えた9回。日本ハムは1死一、二塁と攻め込んだ。札幌ドームには追い上げムードが漂う。しかし、それはすぐにため息に変わった。佐藤が空振り三振、石井も左邪飛に倒れて、万事休す。2戦連続無得点での敗戦だ。
 「あと1本がどこで出るかという話もあるけれども」と栗山英樹監督(60)が悔しがるのも無理はない。9回を含めて得点圏に4度走者を進めたが、後続が続かず。数少ない好機を生かしたロッテとは対照的で、指揮官は「いろんな意味合いがあるんだろうな」と声を振り絞った。
 ただ、後ろばかりを振り返る暇はない。首位のロッテに続き、22日からは2位のオリックスと戦う。栗山監督は「一人ひとりが自分のことをしっかりできるようにやってくれると信じていくだけなので」。23イニング連続無得点と決定力不足に苦しむ打線の奮起に期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ