本文へ移動

東近江の遺族会、慰霊碑周り整備 継承への危機感が背景

2021年9月20日 05時00分 (9月20日 12時21分更新)
植え込みの除去とコンクリートの補修を完了させた箇所を示す山田さん=東近江市五智町で

植え込みの除去とコンクリートの補修を完了させた箇所を示す山田さん=東近江市五智町で

 終戦から76年がたち、遺族の高齢化や遺族会員の減少が進む中、当時建立された戦没者を慰霊する石碑の維持管理が課題になっている。東近江市御園地区では遺族以外の市民にも石碑に関心を持ってもらい、幅広い世代で平和を願う場にしようと、会員らが周辺の整備に力を入れている。 (斎藤航輝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報