本文へ移動

【J1名古屋】MF児玉駿斗がJ2相模原へ育成型期限付き移籍「 成長した姿をお見せできるよう全力で挑戦します」

2021年9月20日 11時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
相模原への期限付き移籍が発表されたMF児玉駿斗

相模原への期限付き移籍が発表されたMF児玉駿斗

 名古屋グランパスは20日、MF児玉駿斗(22)がJ2相模原へ育成型期限付き移籍すると発表した。期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。
 児玉はグランパスを通じて「シーズン途中での移籍となりますが、グランパスでの経験を活かし、相模原でがんばってきます!皆さんに成長した姿をお見せできるよう全力で挑戦します」とコメントを寄せた。
 児玉は東海学園大1年時の18年3月、異例の3年後の入団が内定。同年に特別指定選手として出場したルヴァン杯で得点も挙げた。今季、満を持してプロ入りしたもののグランパスでの公式戦出場はなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ