本文へ移動

水車を背に鮮やか紅色 磐田でヒガンバナが見頃

2021年9月20日 05時00分 (9月20日 05時02分更新)
水車を背景に咲くヒガンバナ=磐田市三ケ野で

水車を背景に咲くヒガンバナ=磐田市三ケ野で

 磐田市三ケ野でヒガンバナが見頃を迎え、川べりを紅色に染めている。背景の田原交流センターにある数基の水車と相まって、懐かしさを感じさせる風景を演出している。
 ヒガンバナは畔(あぜ)や墓地、堤防などの日当たりの良い場所に多く生える。秋の彼岸の入りの頃に咲き始めることから名が付いたとも言われ、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)と呼ぶ地域もある。
 川べりでは数百株が群生。膝の辺りまでスッと伸びた茎の先に、大きく反り返った細い花びらの花が一輪ずつ咲いている。川べりの草刈りをしている近所の人によると、週末ごろまで楽しめそうという。 (宮沢輝明)

関連キーワード

PR情報