本文へ移動

歌手の黒崎真音、硬膜外血腫で療養 配信ライブ中に倒れ搬送、緊急手術

2021年9月19日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎真音公式サイトから

黒崎真音公式サイトから

 歌手の黒崎真音(33)の所属事務所は19日、前日の配信ライブ中に倒れた黒崎が硬膜外血腫と診断され、2カ月以上の療養期間が必要となることを公式サイトで発表した。
 事務所によると、前日の配信ライブ中に本人が倒れ、救急搬送された。搬送先で診断を受け、緊急手術をした。手術は成功し、容体も安定しているが、当面は絶対安静が必要だという。
 10月8日からのミュージカル「悪ノ娘」に魔導師エルルカ役で出演予定だったが、降板する。
 黒崎はテレビアニメ「とある魔術の禁書目録II」のエンディング曲「Magic∞world」などが代表曲。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ