本文へ移動

正司敏江さん死去、80歳 夫の玲児さんと『どつき漫才』で人気

2021年9月19日 20時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 芸能事務所「松竹芸能」は19日、所属タレントの正司敏江(しょうじ・としえ=本名・及川キミコ)さんが18日午前1時59分に脳梗塞のため死去したことを公式サイトで発表した。80歳、香川県出身。
 姉妹音曲漫才トリオ「かしまし娘」のメンバーで師匠だった正司歌江さんに勧められ、1964年に結婚した夫の正司玲児さんと夫婦漫才コンビ「正司敏江・玲児」を結成。双方がボケ・ツッコミを担当し、相方の頭や顔面をはたいてツッコミを入れる「どつき漫才」の第一人者となり、69年に「第4回上方漫才大賞新人賞」を受賞した。76年に離婚したがコンビは継続。老人ホームなど福祉施設の慰問にも積極的に取り組んだ。
 2010年12月に玲児さんが成人T細胞白血病リンパ腫のため71歳で死去。コンビとしての最後の出演は同年11月28日に大阪・国立文楽劇場小ホールで行われた「11月上方演芸特選会」だった。夫の死去後、敏江さんは一人で漫談を続けていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ