本文へ移動

強行出場の植草歩 貫禄の4戦全勝「五輪に向け勝ち抜く感覚」元世界女王が研ぎ澄ました

2019年12月7日 20時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
植草歩

植草歩

◇7日 空手全日本選手権第1日 男女団体組手(群馬・高崎アリーナ)

 空手の全日本選手権第1日は7日、群馬県の高崎アリーナで男女の団体組手があり、千葉の一員として出場した女子68キロ超級の元世界女王・植草歩(27)=JAL=は4戦4勝でチームを4連覇に導き、代表争いにも弾みをつけた。
 静岡との決勝でも違いを見せつけた。得意の中段突きでポイントを重ね、終盤には大技の上段蹴りを決めて場内を沸かせた。「小学校のころから知っているメンバーと一緒にできるのがうれしかった」。8―0の圧勝で優勝を決め、仲間と笑顔で抱き合った。
 五輪の代表選考に関わるプレミアリーグ・マドリード大会から3日に帰国したばかり。多くのトップ選手が今大会を回避する中、植草は「五輪に向けて勝ち抜く感覚をつけたかった」と強行出場。時差ぼけの体にむち打って強さを体現した。
 8日には5連覇が懸かる個人戦が控えている。「子どもたちに『植草は次に誰と当たるんだろう』と楽しんでほしい」。空手界のシンボルとして、使命を全うする気構えだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ