本文へ移動

ヤクルト村上宗隆がプロ野球史上最年少100号本塁打 清原和博の記録更新21歳7カ月

2021年9月19日 17時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、プロ野球史上最年少記録となる通算100号本塁打を右越えに放ったヤクルト・村上

1回、プロ野球史上最年少記録となる通算100号本塁打を右越えに放ったヤクルト・村上

◇19日 ヤクルト―広島(神宮)
 ヤクルトの村上宗隆内野手(21)が初回1死から右越えの35号ソロを放ち、史上最年少の21歳7カ月でプロ通算100本塁打を記録した。これまでの最年少は、清原和博(西武)が記録した21歳9か月。
 カウント2ボールから、真ん中高めに入った3球目の変化球を完璧に捉えた。快音を残して、打球は燕党が待つライトスタンド中段へ。悠々とダイヤモンドを1周すると、ベンチ前でナインとエアタッチ。記念プレートをつば九郎から受け取り、ファンの歓呼に応えた。
 デビュー戦のプロ初打席アーチから積み重ねた379試合目での達成は、松井秀喜(巨人)らをしのぐ日本人左打者の最短記録にもなった。
 王手をかけた14日の阪神戦(甲子園)から4試合ぶりの一発に「ここ数試合、少し意識していたかもしれませんが、打つことができてすごくうれしいです。ありがとうございます」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ