本文へ移動

ジャンダルムとのセントウルSで見えたゲートの課題 最後の脚を生かすためにどうスタートを切るか【浜中俊コラム】

2021年9月20日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊

浜中俊

 ジャンダルムとのコンビで出走したセントウルSは、残念ながら4着止まりでした。敗因はゲートに尽きます。その前のレースでも出遅れていたので、注意していたのですが、後ろ扉にもたれてしまい、スムーズに出ることができませんでした。普通、馬はゲートの中で4本の脚で立っていますが、後ろの2本に重心が掛かっている感じ。陸上競技のクラウチングスタートで、お尻が浮いていない状態と言えば、分かりやすいでしょうか。その態勢から五分にスタートを切るのは難しかったです。
 ただ、最後の脚は本当に素晴らしかった。あのメンバーで最速の上がり。それだけにゲートの課題は悩ましく、個人的にはブリンカーを外した方が、いいスタートが切れるのかなと感じました。次のスプリンターズSで、いい結果を出せるよう頑張りたいです。
 月曜も中京です。3Rのラウルピドゥは調教に乗りましたが、性格のいい馬。初戦は大敗していますが、もう少しやれて良さそう。9Rのシホノディレットは前走の内容からも、やはりダートの方がいいですね。12Rのノーセキュリティは前走が6着。勝ち切るためには、展開の助けが必要だと思います。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ