本文へ移動

26年ぶりに箱根に帰ってきた‘’秀才軍団‘’筑波大がサプライズ予告!! 国立大で唯一の出場 弘山監督は「我々は箱根駅伝で戦う義務がある」

2019年12月10日 21時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サプライズを狙う筑波大

サプライズを狙う筑波大

 来年1月2、3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手16人が10日発表され、都内で記者会見が行われた。26年ぶり、そして国立大で唯一の出場となる筑波大は川瀬宙夢(5年・刈谷)をはじめ医学部生が2人、理工学部生も2人エントリーするなど秀才軍団。弘山勉監督は「箱根駅伝が始まって100年目に戻れて感慨深いものがある。第1回の優勝校だし、箱根駅伝は金栗四三さんが創設した。われわれは箱根駅伝で戦う義務がある。10位以内を目指しサプライズを起こしたい」と大河ドラマ「いだてん」にあやかる快走を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ