本文へ移動

【ラジオ日本賞】5番人気ケイアイパープル直線早めに抜け出し優勝 村山師「このあとは様子見ながら。右回りの方がいい」

2021年9月19日 17時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇19日 ラジオ日本賞(3歳以上オープン・中山・ダート1800メートル)
 2番手を追走した5番人気のケイアイパープル(牡5歳、栗東・村山)が直線で早めに抜け出し、そのまま後続の追い上げを振り切った。
 中井は「自分と馬のリズムで競馬ができました。前走が強い勝ち方だったので自信を持って乗りました」と、してやったりと満面の笑み。村山師は「このあとは様子を見ながら。右回りの方がいい」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ