本文へ移動

アンカツこと安藤勝己さん「乗り役の意のままに動けた分の勝利」アンドヴァラナウトが勝ったローズSを分析

2021年9月19日 16時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安藤勝己さん

安藤勝己さん

◇19日 ローズS(G2・中京・芝2000メートル)
 通算4464勝を挙げた元笠松、JRAの騎手、安藤勝己さん(61)が19日、自身のツイッターを更新。ローズS(G2)を振り返った。
 レースは中団につけた4番人気のアンドヴァラナウトが直線外から差し切って勝利を収めた。逃げた12番人気のエイシンヒテンが2着に踏ん張った。
 まず安藤さんは「時計のかかる良馬場のマイペースでエイシンヒテンにはしてやったりの展開」とレースを分析。勝ったアンドヴァラナウトについて「前向きな気性と夏場も使ったデキの良さで、乗り役の意のままに動けた分の勝利」とレースを使われてきた強みと、福永騎手の騎乗をたたえた。
 さらに「(1番人気で3着の)アールドヴィーヴルは気持ちようなってたけど、あそこまでのキャラ。(6着の)オヌール、(12着の)タガノパッションは競馬がかみ合ってなかった」と人気馬の敗因を分析した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ