本文へ移動

箱根駅伝前年3位の東洋大・酒井俊幸監督が青学大・原晋監督に口撃!?「リアクションしづらいですね」

2019年12月10日 20時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
青学大・原監督を意識する東洋大の酒井俊幸監督(右)

青学大・原監督を意識する東洋大の酒井俊幸監督(右)

 来年1月2、3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手16人が10日発表され、都内で記者会見が行われた。青学大・原晋監督(52)に対抗したのが、前回3位、東洋大の酒井俊幸監督(43)だ。
 前回2位の青学大の隣に並び「原さんの左横が続いているので、位置を変えたい。リアクションしづらいですね」と軽くジャブ。目標はストレートに往路1位、総合1位と掲げると会場からは大きな拍手が起きた。「右隣にいる大学(青学大)に比べると層が厚くないので、往路で流れをつくって主導権を握りたい」と打倒・青学に闘志を燃やしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ