本文へ移動

「親ガチャ」に松本人志は「変に大人たちが社会現象ととらえると面白くなくなっていく…遊んでいるだけなので」

2021年9月19日 11時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本人志

松本人志

 子どもから見て「親を選ぶことができない」という意味でネット上で広がった「親ガチャ」のワード。これまで少年時代の貧乏エピソードをメディアで語ってきたダウンタウンの松本人志は、19日のフジテレビ系「ワイドナショー」で「若い人たちがもっと軽やかな感じで遊んでいた言葉。変に大人たちが社会現象ととらえるとシリアスになって面白くなくなっていく」と私見を語った。
 作家で国会議員、東京都知事の父親・慎太郎さんを持つ俳優でタレントの石原良純は「他の家のことを知ろうとしなかったし、ウチはウチと育ってきた。思い返すと変な家だった。帰ってきたら(慎太郎さんが)『おい!』と言ってクモの子を散らすように暮らしてきたから」と振り返った。
 ゲストのバカリズムは松本に関して「劣悪って言ったらあれですが、特殊な環境で育ったから今の松本さんが生まれている。松本さんの家が裕福だったらそこそこだったと思う」とコメント。その松本は「もうちょっとガチャで遊ばせたらいいのに。それを言い出したら『子どもガチャ』もあるし、ペットからしてみたらこんな奴に飼われたかという『飼い主ガチャ』もある。家電ガチャもあれば担任ガチャもある。遊んでいるだけなので」と、これ以上の騒ぎについては冷ややかな見方を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ