本文へ移動

北ア登山道維持、利用者みんなで 寄付制度、実証実験始まる

2021年9月19日 05時00分 (9月19日 11時11分更新)
上高地登山相談所に設置されたQRコード付きの案内看板=松本市安曇で

上高地登山相談所に設置されたQRコード付きの案内看板=松本市安曇で

  • 上高地登山相談所に設置されたQRコード付きの案内看板=松本市安曇で
  • 案内カードを配布して実験への協力を求める登山ガイド=松本市安曇で
 環境省などでつくる「北アルプス登山道等維持連絡協議会」は18日、北アルプス槍・穂高連峰や常念山脈の登山客らから、登山道維持管理のための寄付金を募る実証実験を始めた。QRコード付きの看板やチラシを登山口や山小屋などに設置。専用のウェブサイトから寄付金の振り込みやアンケートへの回答を求める。 (右田誠弥)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧