本文へ移動

[体操]畠田瞳、妹千愛との同時出場に「一緒に良い演技できた」。跳馬と段違い平行棒で3位

2019年12月14日 21時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
段違い平行棒で3位の畠田瞳

段違い平行棒で3位の畠田瞳

種目別で争う体操の豊田国際競技会第1日は14日、愛知県の豊田市総合体育館で行われ、女子は畠田瞳(セントラルスポーツ)が跳馬と段違い平行棒で、ともに3位に入った。
「世界選手権が終わってから、けが続きだった」という苦しい状況でも安定感を発揮した。跳馬では、オープン参加で4歳下の妹千愛との同時出場が実現。自身の13・916点に対し、千愛は3位相当の14・033点。「ライバルとかじゃなくて素直に嬉しい。私も妹も一緒に東京五輪を目指すため、良い演技ができた」と刺激を受けていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ