本文へ移動

【横浜M】元日本代表FW宮市亮が地元でJリーグ初出場 両親が見守る中デビュー「うれしいが…」敗戦に歯がゆさも

2021年9月18日 23時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―横浜M 後半、ボールをキープする横浜M・宮市

名古屋―横浜M 後半、ボールをキープする横浜M・宮市

◇18日 J1第29節 名古屋2―1横浜M(豊田スタジアム)
 7月に途中加入した横浜Mの元日本代表FW宮市亮(28)が後半10分、途中交代でピッチに登場し、Jリーグデビューを果たした。東京五輪代表だったスピードスター、FW前田大然(23)との交代でピッチに登場。得点にこそ結び付かなかったが、惜しいシーンを見せた。
 地元・名古屋市出身で、中京大中京高からイングランド・プレミアリーグのアーセナルに加入した逸材として、サッカーファンの期待を背負ってきた。
 地元だけあって、両親が見守ったという初出場。「地元でデビューできてうれしいとは思いますが、チームは負けてしまったし、途中出場でなかなかゲームに入れこめなかったところがあるので、その辺の歯がゆさは正直あります」と、悔しさが上回ったようだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ