本文へ移動

コウノトリが16羽大集合 越前市黒川の田んぼで餌ついばむ

2021年9月19日 05時00分 (9月19日 05時00分更新)
刈り取り後の田んぼで餌をついばむコウノトリ=越前市黒川町で(古木さん提供)

刈り取り後の田んぼで餌をついばむコウノトリ=越前市黒川町で(古木さん提供)

 越前市黒川町の田んぼで十七日、国特別天然記念物コウノトリの群れ十六羽が確認された。刈り取り後の田んぼで餌を探し、バッタやイナゴ、カエルなどをついばんでいた。県内の目撃では、二月二十五日に福井市八幡町に飛来した十一羽が最高。日本コウノトリの会理事の古木仁さん(69)は「県内でこれだけの群れが確認できたのは記憶にない」と驚いている。
 古木さんによると、コウノトリはゼロ〜一歳の若鳥がほとんど。今年、越前市坂口地区で生まれた...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報