本文へ移動

[陸上]サニブラウン”けじめ”のプロ報告 米国から一時帰国「このままじゃダメだと」

2019年12月15日 15時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 陸上男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(20)が15日、練習拠点としている米国から成田空港に帰国した。
 「皆さんにプロ契約の報告をしようと」と帰国理由を語った。11月に自身のSNSでプロ宣言をしている。「世界選手権の後に少し『このままじゃダメだ』という思いがあった。東京五輪に向けてやれることはやりたいので、その一つとしてプロというのがありました」。米・フロリダ大の拠点は変えず、国際大会を転戦する。
 世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)と同様に、プーマとスポンサー契約も結んだ。「同じブランドで光栄。道をたどる訳じゃないけれど、同じ頂点を目指す者として頑張りたい」と表情を引き締めた。東京五輪のある来年に向け、「悔いの残らない年にしたい」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ