本文へ移動

植竹勇太は3打差3位で最終日へ 同郷の1年先輩はスピードスケート高木美帆…「僕も有名になりたい」【男子ゴルフ】

2021年9月18日 18時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンボジェットのレプリカの前でショットする植竹勇太

ジャンボジェットのレプリカの前でショットする植竹勇太

◇18日 男子ゴルフ ANAオープン第3日(北海道北広島市、札幌GC輪厚C)
 ツアー3季目の25歳、植竹勇太(セガサミーHD)が、15アンダー首位の大槻と3打差3位で最終日を迎える。強気のパッティングでピンチを再三しのぎ、第3Rはボギーなしだった。
 北海道幕別町生まれで、サッカー少年団にいた小学生のころ、1年上にスピードスケート女子で、2018年平昌五輪団体追い抜き金など3つのメダルを獲得した高木美帆(27)がいた。植竹は「僕も有名になりたい」と、夢を描いている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ