本文へ移動

【阪神】糸原のタイムリーで均衡を破る「遙人が本当に頑張ってくれている、自分の仕事ができて良かった」

2021年9月18日 16時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏、糸原に適時二塁打を許した大野雄

6回裏、糸原に適時二塁打を許した大野雄

◇18日 阪神ー中日(甲子園)
 阪神は糸原のタイムリーで均衡を破った。0―0のスコアレスで迎えた6回だ。先頭の1番・近本が右前打。2番・中野は1球で送りバントを決めてた。
 1死二塁の先制機。3番の糸原は大野雄のストレートを捉え、一塁線を破る適時二塁打だ。「(先発の高橋)遙人が本当に頑張ってくれていますし、チカ(近本)や中野が必死につないでくれたので、何としても先制するという気持ちで打席に入りました。自分の仕事ができて良かったです」と胸をなで下ろした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ