本文へ移動

3番・紅林が87日ぶり一発「何とかラオウさんにつなぐ気持ちで…」2ランでリードは4点に【オリックス】

2021年9月18日 16時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス―西武 5回1死一塁、オリックス・紅林(左)に左越え2ランを浴びた西武・今井

オリックス―西武 5回1死一塁、オリックス・紅林(左)に左越え2ランを浴びた西武・今井

◇18日 オリックス―西武(京セラドーム大阪)
 オリックス2年目の紅林弘太郎内野手(19)が貴重な追加点をたたき出した。2点リードで迎えた5回1死一塁。1ストライクからの2球目、カットボールをレフトへ6号2ランを運んだ。
 「打ったのはカットボールだと思います。後ろにはラオウさん(杉本)がいてくれますし、前の打席で凡退してしまっていたので、何とかラオウさんにつないでいく気持ちで打席に入っていました。それが良い結果につながってくれたんだと思います!」
 16日の楽天戦(楽天生命パーク)で初めてクリーンアップ(3番)を任された。主砲の吉田正を故障で欠く厳しい状況下、2試合連続の責務で6月23日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)で放って以来、87日ぶりのアーチを描いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ