本文へ移動

松山英樹は小技にさえ 連日の「69」17位浮上 首位に6差「暑いところでしかやってないので…」寒くてボヤく【米男子ゴルフ】

2021年9月18日 14時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

◇17日 米男子ゴルフ フォーティネット選手権第2日(米カリフォルニア州、シルベラードリゾート)
 松山英樹(29)=レクサス=は前日と同じく4バーディー、1ボギーの69で回り、通算6アンダー。24位から17位に順位を上げた。首位とは6打差。25歳の新鋭マーベリック・マクニーリー(米国)が通算12アンダーでトップに立った。世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)は2打及ばず予選落ちした。   ◇   ◇
 爆発的なスコアではないが、松山のプレーが安定してきた。前日よりショットの精度は欠いたものの、グリーン上は27パットで収めるなど小技はさえを増した。マレット形のパターも少しずつ手になじんできたようだ。
 午前7時44分、気温10度の中でスタート。ジャケットを着込んでのプレーはやりづらそうで、開始の10番は3番ウッドをいきなり右のベアグラウンドに押し出し、2打目もバンカーに入れた。だが、ここから30センチにつけてパーを守ったことで落ち着いたよう。13番もグリーン手前から20センチに寄せた。16番で3メートルを入れて初バーディー。以後は危なげないプレーを続けた。
 もちろん、首位とは差があり「まだ流れに乗れないという感じ」と納得はしていない。それ以上に気温の寒暖差には閉口気味で「(このところ)暑いところでしかやってないので…。すごいなという感じですね」とボヤいていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ