本文へ移動

良血ラキエータが人気に応え楽々押し切る 松山「強かった」音無師は「次は1400を使いたい」【中京5R新馬】

2021年9月18日 12時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 中京5Rの新馬戦(芝1200メートル)は1番人気のラキエータ(牝2歳、父キンシャサノキセキ、母ウィルパワー、栗東・音無)が好位から運んで、直線半ばで先頭に立つと、そのまま楽に押し切った。
 松山は「体は小さいですが、バランスが良く、不良馬場もこなしてくれました。強かったです」と高評価。インディチャンプの妹という良血で、音無師は「追い出してからしっかりしていてたね。オーナーと相談の上だけど、次は1400メートルを使いたい」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ