本文へ移動

池江璃花子が退院報告…直筆メッセージで24年パリ五輪でのメダル獲得へ“方針転換”

2019年12月17日 19時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
池江自筆のメッセージ

池江自筆のメッセージ

 白血病を公表し、闘病生活を送っていた競泳女子の池江璃花子(19)=ルネサンス=が17日、自身の公式ホームページ(HP)などで退院していたことを報告した。
 池江は2月に白血病で入院。公式HPの報告によると診断は急性リンパ性白血病で、化学療法などで体調が安定したため今月上旬に退院したという。今後は通院で治療を継続する。
 池江は直筆のメッセージで「約10カ月の月日が経ちこの度退院することができました」(原文まま、以下同)などと報告した。今後の競技活動については、医師と相談しながら可能になり次第、水中トレーニングを再開すると記載。「2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います」と復活への意気込みを示した。

 病気療養前に個別指導していた担当コーチがルネサンスを退職したため、池江とのコーチ契約は解消された。今後は同社に所属する別のコーチから指導を受けるという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ