本文へ移動

【MLB】大谷翔平は第1打席から快音響かせ右前打 16日のWソックス戦の‘’報復死球‘’の影響なし

2021年9月18日 10時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇16日(日本時間17日)MLB エンゼルスーアスレチックス(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平は本拠地のアスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場した。16日のWソックス戦では9月4日のレンジャーズ戦、9試合ぶりのマルチ安打をマーク。打撃の調子は上向きつつあるが、本塁打は10日のアストロズ戦を最後に5試合出ていない。しかも、この日はライバルのブルージェイズのゲレロが46号を打ち再び単独トップ。大谷とは2本差をつけた。
 注目の第1打席は1回一塁の場面だった。ア軍先発はアービン。カウント1-1からフルスイングすると打球はあっという間に右前に転がった。16日のWソックス戦の最終打席では報復死球ともとれる左ふくらはぎの死球。ただその影響を全く感じさせない右前打となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ