本文へ移動

鈴鹿S耐、2年ぶりに開幕 水素エンジンカーの走りに注目

2021年9月18日 05時00分 (9月18日 12時51分更新)
降雨の中、水しぶきを上げながら練習走行するマシン=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

降雨の中、水しぶきを上げながら練習走行するマシン=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

  • 降雨の中、水しぶきを上げながら練習走行するマシン=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで
  • ルーキーレーシングのピットガレージで整備が進む、水素エンジン搭載のマシン=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで
 市販車を改造した複数クラスのマシンが混走する五時間の耐久レース「鈴鹿S耐」が、十八日に鈴鹿サーキットで始まる。昨季は新型コロナウイルスの影響で中止となっており、二年ぶりの開催となる。水素エンジンを積んだマシンの参戦など今季の話題をまとめた。 (片山健生)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧