本文へ移動

<紀州日記> 紀北の福祉施設が鹿肉使いドッグフードを製造販売

2021年9月18日 05時00分 (9月18日 12時17分更新)
通販サイトなどで販売中の鹿肉のドッグフード(右)と特典のシカのあばら骨=紀北町三浦で

通販サイトなどで販売中の鹿肉のドッグフード(右)と特典のシカのあばら骨=紀北町三浦で

 紀北町三浦の福祉施設「障害者支援グループ たいき」が、利用する障害者らの力も借りて鹿肉でドッグフードを作り、オンラインで販売している。硬さに特徴があり、施設長の加藤益洋さん(49)は「太陽の光でしっかり干しているので、添加物を使わずとも保存が利く。犬に硬いものを食べさせることで健康を増進する狙いもある」とPRする。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧