本文へ移動

絶えないバスレーン事故 名古屋・東区、全国唯一の道路中央走る方式

2021年9月18日 05時00分 (9月18日 11時58分更新)
事故があった山口町交差点。基幹バスレーンが右折レーンよりも右側にある=名古屋市東区で

事故があった山口町交差点。基幹バスレーンが右折レーンよりも右側にある=名古屋市東区で

  • 事故があった山口町交差点。基幹バスレーンが右折レーンよりも右側にある=名古屋市東区で
  • 事故で横転し、積み荷が散乱したトラック=名古屋市東区の山口町交差点で
 名古屋市東区の県道「山口町」交差点で6日夕に起きた、トラックや乗用車など計5台が絡む多重事故。現場は、道路の中央に設けられた基幹バスレーンのある信号交差点だった。基幹バスレーンを目立つ色にカラー舗装することで安全対策が取られているが、慣れていないドライバーにとっては分かりづらい。バスレーンが絡む事故は、どうすれば無くせるのか。 (大野雄一郎、鈴木凜平)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報