本文へ移動

JRA元騎手、調教師の野村彰彦さん死去 78歳、キョウエイマーチやナムラコクオー管理

2021年9月17日 20時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村彰彦さん

野村彰彦さん

 JRAの元騎手、調教師の野村彰彦さんが13日に病気のため78歳で亡くなった。葬儀は近親者のみで執り行った。
 愛知県出身で、1962年に騎手としてデビューし、85年に引退するまで中央通算321勝。調教師となり、87年に開業すると、97年桜花賞など重賞5勝を挙げたキョウエイマーチを筆頭に、94年NHK杯など重賞4勝のナムラコクオー、98年神戸新聞杯など重賞4勝のカネトシガバナー、2009年中山グランドジャンプを制したスプリングゲントなどを管理した。調教師としてJRA通算488勝を挙げ、14年2月に70歳の定年で引退していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ