本文へ移動

【日本ハム】東京五輪スケートボード銀の開心那、札幌ドームで始球式 球団とは『CF』通じた縁も

2021年9月17日 20時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年のクラウドファンディング発表会見の時に稲葉篤紀スポーツコミュニティーオフィサー(SCO)と記念撮影するスケートボード・女子パークの開心那(2019年7月撮影、日本ハム球団提供)

2019年のクラウドファンディング発表会見の時に稲葉篤紀スポーツコミュニティーオフィサー(SCO)と記念撮影するスケートボード・女子パークの開心那(2019年7月撮影、日本ハム球団提供)

 日本ハムは17日、札幌ドームで行われる19日のロッテ戦のファーストピッチセレモニー(始球式)を、東京五輪スケートボード・女子パーク銀メダリストの開心那(13)が務めると発表した。
 東京五輪日本選手史上最年少の12歳11カ月でメダルを獲得した開は北海道俱知安町出身で、現在は苫小牧市在住。19日の試合は「未来へ、一歩前へ。」をテーマとした「北海道シリーズ2021 HOKKAIDO be AMBITIOUS」の期間中で、夏季五輪の日本選手史上最年少出場も果たした開に白羽の矢が立った。
 開は日本ハムとの縁もあり、当時10歳だった2019年に球団が展開するスポーツコミュニティー(SC)活動の一環で実施された次世代アスリート育成型クラウドファンディング「FIGHTERS CROWDFUNDING~be Ambitious~」の第3号アスリートに選出。夢の実現を後押しするため、クラウドファンディングを活用して大会遠征など必要な活動費の支援を受けていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ