本文へ移動

五輪代表の三上紗也可「前宙返り2回半2回ひねりえび型」 世界トップクラスの大技成功で2位【飛び込み日本選手権】

2021年9月17日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三上紗也可

三上紗也可

◇17日 第97回日本選手権水泳競技大会飛び込み競技(宇都宮市・日環アリーナ)
 女子3メートル板飛び込みで東京五輪代表の三上紗也可(20)=日体大=は2位。「大きい試合で初めて決められた」と語る、世界トップクラスの大技「前宙返り2回半2回ひねりえび型」に成功し、この1本で78・20のハイスコアをたたき出した。五輪では予選で5位につけながら、踏み切りの失敗もあって準決勝敗退。「きょうはミスの後に立て直せた。ちょっとは成長した」と手応えを得た。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ