本文へ移動

前作超え確実の『孤狼の血 LEVEL2』続編製作が決定「コロナ禍悔しい。めちゃ悔しい」

2021年9月17日 17時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会/配給:東映

(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会/配給:東映

 現在公開中の映画「孤狼の血 LEVEL2」の続編の製作が17日、決まった。東映が発表した。
 今作は、コロナ禍にかかわらず前作「孤狼の血」(2018年)の興行収入8億円を超えることが確実で、続編を熱望する声が東映に多数寄せられているという。
 今作の企画・プロデュース担当の紀伊宗之さんは「コロナ禍での公開になり悔しい。めちゃ悔しい。平和になったその時にレベルアップさせた第3作目に期待してください!」とコメント。東映の多田憲之会長は「2度あることは3度ある。『孤狼の血 LEVEL2』は今の世の中の閉塞(へいそく)感を吹き飛ばす熱量をもった作品となりました。時代に風穴を開ける作品を作り続けることが東映の使命ですので、続編の決定をいたします」とコメントしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ