本文へ移動

力合わせコロナ禍でも販売 松阪・かね万が他社商品も店舗に

2021年9月17日 05時00分 (9月17日 12時57分更新)
委託販売を募集するポスター=多気町のええもんや多気店で

委託販売を募集するポスター=多気町のええもんや多気店で

 新型コロナウイルス禍で各地のイベントが中止になる中、商品披露の場をつくろうと、松阪市のつくだ煮製造販売会社「伊勢の国佃(つくだ)煮かね万」は、直営の販売店で他社の加工食品や雑貨を販売する。現在、販売を引き受ける商品の募集をしており、人事総務部長の小林瞳さん(44)は「さまざまな会社の商品の力を合わせて、コロナ禍を乗り切ろう」と呼び掛けている。 (奥村友基)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧