本文へ移動

本年度は校内での感染拡大ゼロ 津の市立小中、対策を徹底

2021年9月17日 05時00分 (9月17日 15時01分更新)
手洗いをする児童。待つ間、間隔を空けて並んでいる=津市河芸町一色の豊津小で(津市教委提供)

手洗いをする児童。待つ間、間隔を空けて並んでいる=津市河芸町一色の豊津小で(津市教委提供)

  • 手洗いをする児童。待つ間、間隔を空けて並んでいる=津市河芸町一色の豊津小で(津市教委提供)
  • 放課後に、机やいすを消毒する教職員=津市河芸町一色の豊津小で(津市教委提供)
 新型コロナウイルスの感染拡大「第五波」を受けて、津市立の小中学校、義務教育学校は感染防止に力を入れている。その効果もあり、本年度は十六日までに、八月の七十九人を含め百三十五人の小中学生の感染が確認されているが、校内での感染拡大はゼロ。ただ学校関係者は「全く安心はできない。できることは全てしているが、戦々恐々としている」と不安をこぼす。 (松本貴明)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

新型コロナ(身近な対策)の新着

記事一覧