本文へ移動

<おすすめスポット> 荒子川公園(名古屋市港区)

2021年9月17日 05時00分 (9月17日 10時59分更新)
 私のおすすめは、名古屋市港区の荒子川公園。荒子川両岸の南北一キロほどに細長く広がり、二十六ヘクタールもある。まず向かったのは「わんぱく冒険広場」。大型遊具を見て小学二年の長男が駆け出した。ターザンロープや滑り台で遊び、すぐ汗だくになっていた。
 子どもを喜ばせたくて訪れたが、サルビアの青にニチニチソウのピンクと、色鮮やかな花壇が多く私が癒やされた。「花が途切れないように努力してます」と公園事務所長。春の川沿いの桜並木、六月のラベンダー園のほか、この十月末にはヒマワリが咲くそうだ。
 木々の緑や川沿いの景色の向こう、あおなみ線の銀と青の車両が走り、笑顔で指さす親子連れも。無料のデーキャンプ場もあり人気というが、緊急事態宣言中は閉鎖。また来たい。歩き疲れ、園内ガーデンプラザにある「ティールーム紫音」(宣言中は午前九時半〜午後二時)へ。息子はソフトクリーム、私はハーブティーで満たされた。
 同線荒子川公園駅からすぐ。駐車場もある。同プラザは午前九時〜午後四時半で、月曜と第三水曜が原則休館。(問)同プラザ=052(384)8787 (社会部・芦原千晶)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報