本文へ移動

【中日2軍】山本拓実 12安打浴びながら7回1失点126球「ボールの精度をもっと追求したい」

2021年9月17日 08時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回を投げ終え、ベンチに戻る山本

7回を投げ終え、ベンチに戻る山本

◇16日 ウエスタン・リーグ 中日1-2オリックス(ナゴヤ球場)
 中日の先発・山本は毎回の12安打を浴びながら、7イニング1失点の粘投。4安打を集中された4回こそ2死二塁から適時打で失点したが、それ以外は得点圏に走者を背負っても打たせてとる投球で要所を締めた。126球を投げた右腕は「ピンチでギアを上げられたのは良かったが、抜きどころがうまくいかなかった。ボールの精度をもっと追求したい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ