本文へ移動

【楽天】則本昂が粘投も…3年ぶり2桁勝利はお預け「テンポも悪かったし、何も良くなかった」

2021年9月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・則本昂

楽天・則本昂

◇16日 楽天1―3オリックス(楽天生命パーク)
 3年ぶりの2桁勝利はお預けとなった。楽天は先発・則本昂は序盤から走者を背負いながら、6イニングを107球で失策絡みの1失点(自責0)。同点で降板して勝ち負けは付かず、「もっと投げないといけないんですけどね。テンポも悪かったし、何も良くありませんでした。もっと楽に試合が運べるようにしたい」とコメントに反省を込めた。
 打線もオリックス先発・田嶋を打ち崩せないまま終盤に入り、8回に3番手の安楽が杉本に決勝被弾。チームはこのカードで3連勝を決めれば2位オリックスとゲーム差0と肩を並べるところだったが、逆に差は2と開いた。シーズン終盤に入っても波に乗りきれず、ジリジリするペナントレースになってきた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ