本文へ移動

片桐仁が東京ドームシティで創作活動20周年展覧会を開催へ「全てを網羅する僕の回顧展」

2021年9月17日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展」のポスタービジュアル

「粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展」のポスタービジュアル

  • 「粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展」のポスタービジュアル
  • 粘土道の一作目「俺ハンテープ」
 タレントの片桐仁(47)が、コロナ禍により昨年3月から延期となっていた展覧会「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」を11月20日から12月19日まで東京ドームシティの「ギャラリー アーモ」で開催する。
 片桐は1999年に「ヤングマガジンアッパーズ」の連載をきっかけに文房具や日用品、電化製品などあらゆるものに粘土を盛る表現方法を「粘土道」と命名し、20年以上続けてきた。15年から4年間、全国のイオンモールで開催した不条理アート粘土作品展「ギリ展」で累計8万人を動員したほか、19年6月には台湾で初の海外での個展を実現させた。
 今展覧会では、これまでに発表された粘土作品をはじめ、初公開となる学生時代に描いた絵画や「TVブロス」の連載で描いてきたイラスト原画「おしえて何故ならしりたがりだから」、クラウドファンディングによるランドマーク作品「片桐仁的公園(仮)」などを展示。片桐は「僕がこの22年間で制作した、粘土作品やイラスト、企業や番組とのコラボ作品、また家族とユーチューブで作った作品など、ほぼ全てを網羅する僕の回顧展になっています」とアピールする。
 そして「会場で作れるワークショップもあるので、モノづくりの楽しさを知るきっかけになればいいなと思います。大人から子どもまで楽しめる展覧会になっているので、皆さまぜひいらしてください!」と呼びかけている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ