本文へ移動

【中日】防御率・奪三振トップ独走 右エース柳&左エース大野雄で虎狩り“ダブルYOU”やっちゃいな!!

2021年9月17日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールの合間に明るい表情を見せる柳

キャッチボールの合間に明るい表情を見せる柳

 投手2冠に首位のトラ退治はお任せだ。中日の柳裕也投手(27)は、18日の阪神戦に先発する見込み。今季の阪神戦は2戦1勝ながら、17イニングで防御率0・00。今季初となる甲子園のマウンドでも、相手のスコアボードにゼロを刻み続ける。
 リーグトップの防御率2・12と143奪三振。いずれも独走ムードだが、右腕は「シーズンはまだ終わってない」と途中経過は気にしない。まずは右のエースの働きが最優先。今季無安打に抑えている、今月の打率3割7分8厘の大山に対しても「過去は過去。しっかり投げるだけですね」と冷静に対決を見据えた。
 16日はバンテリンドームナゴヤでの投手練習に参加し、2日連続で外野で投球練習。直近3登板で四球が3、4、3と増加傾向にあるように制球力を課題に挙げた。きっちり修正して2019年以来、自身2度目の2桁勝利にたどり着く。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ