本文へ移動

MGC覇者の前田穂南『ふるさと枠』で大阪を8位入賞させる力走「いいカタチで入れた」

2020年1月12日 19時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪代表のアンカーを務めた前田穂南

大阪代表のアンカーを務めた前田穂南

◇12日 全国都道府県対抗女子駅伝(京都)
 東京五輪女子マラソン日本代表の前田穂南(23歳、天満屋)は12日、第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会にふるさと枠の大阪で出場し、最終9区(10キロ)を31分57秒の区間4位だった。11位でタスキを受けるとチームを8位入賞に押し上げた。
 「タイムは去年より悪いが、調整のなかではいいカタチで入れたかなと思う。五輪イヤー、金メダルを目指して頑張りたい」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ