本文へ移動

悩む保護者の後押しに、子ども支援の窓口など紹介 阿智の母親ら、ガイド冊子作成

2021年9月16日 05時00分 (9月16日 15時20分更新)
作成した冊子を掲げる凸凹の会員ら=阿智村で

作成した冊子を掲げる凸凹の会員ら=阿智村で

 発達障害や不登校の子らを育てる母親でつくる「凸凹(でこぼこ)の会」(阿智村)が、似た境遇の保護者や子どもの迅速な支援に向け、相談や関連機関の連絡先などをまとめた「相談窓口ガイド」を作った。保護者が悩みを抱え込むなどして、支援につながるまで数年かかるケースもあることから、会員たちは「悩む保護者の助けになれば」と願っている。(二神花帆)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧